Thursday, June 25, 2009

とんでもないお土産

スウェーデンにはうなぎが好きな友達がいる。このあいだ来日したときは残念ながらうなぎを食べるきっかけがなかったので、僕がこんどスウェーデンへ行くときせめて彼にうなぎパイを持っていこうと思った。横浜や東京の物じゃないけど、うわさによると東京駅のどこかにあると聞いて、火曜日行ってみた。
東京駅に着いたら、まず改札口の駅員さんに聞いたが、「中にはないけど、そこにはあるかもしれない」と改札口の外の目の前の売店を指した。全国のかなり変わったお土産を集めた売店だったので期待していたが、うなぎパイこそはなかった。でも変わりにこんなとんでもないものを見つけた。
それをレジに持っていくと、レジのお姉さんが苦笑いして、「私、これを食べたことありますよ!すごいんですよ!」。「どれが一番すごい、というか、一番まずいんですか」と僕が聞くと、さっそく「これ!」、とジンギスカンのやつを指したが、その次の瞬間もう二つの種類について「これらも強烈です」と加えた。うなぎキャラメルならもう少しおいしいんじゃないかと僕が勝手に思っているが、そんなのがなかった。去年食べたうなぎアイスが案外おいしかったとか。
ま、これは「味」よりも話のネタだろうね。友達が喜んでくれることを期待して、持って行きます!
実際の味(と友達の反応)はできればあとで報告したいと思います。

ちなみに、うなぎパイもちゃんと見つけたよ、改札の中の小さな売店で!12個入りの箱で870円。やっぱりあるね。

1 comment:

antony said...

夜のお菓子、うなぎパイですな。ビタミンAが豊富なので、鳥目の予防になるので、夜のお菓子なのであって、決して精力増進が期待できるわけではないそうです(諸説ありますが)。

石踊山笑